大会情報 RPTQ 大会情報 RPTQ
開催日:2019年3月30日(土)
場所:OMM展示ホール(大阪)
http://www.omm.co.jp/

大会ルール

「デッキレシピ」の提出方法

ワイルドバウト本戦に参加する方は、本戦で使用するカードを書いた「デッキレシピ」を必ず提出する必要があります。
提出方法3月30日(土)本戦会場、開会式時に回収いたします。

※専用のデッキレシピ用紙に記入してください。
※事前提出はありません。
※開会式は9時00分から開始予定です。
※9時00分までに着席されていない場合は1回戦遅刻となり、
 1回戦敗北とします。2回戦目以降から参加することは可能です。
※デッキレシピ内の「1回戦のテーブルNo.」には当日会場にて掲載されている番号をご記入ください。
※デッキレシピ提出後の修正はできません。
※デッキレシピに記入漏れなど不備があれば失格となります。

ワイルドバウト専用デッキレシピ用紙ダウンロード
http://dragon777.jp/event_bs/img/WILDBOUT_deckrecipe.pdf
※上記PDFファイルをダウンロードし、コンビニやご家庭のプリンタなどで印刷して記入して下さい。

●大会形式

【予選:スイスドロー7回戦(トリプルエリミネーション形式)・制限時間1試合25分】
1試合1本制個人戦
※トリプルエリミネーション形式とは、累計で3回負けた時点で次の対戦に進めなくなる形式です。
※予選で制限時間内に決着がつかなかった対戦は、ライフ差などがあっても両者敗北扱いとなります。
※開始時間に着席していない場合、その試合は不戦敗となります。ただし、予選では3敗しない限り、次の試合に参加することはできます。
※予選スイスドローでは以下の形で順位を決めます。
(1) 得点(1試合につき勝利:3点、敗北:0点)
(2) オポネントマッチウィンパーセンテージ(OMW%)(対戦相手の強さの平均)
(3) 勝った対戦相手の得点の合計
(4) 対戦相手のOMW%
(5) 全て同点の場合、主催者が決定したランダムな方法

【決勝:トーナメント6回戦(上位64名)・制限時間1試合25分(決勝戦と3位決定戦は時間無制限)】
※制限時間内に決着がつかなかった対戦は、時間切れのターンを最後まで行い、効果で追加のターンが発生していればそれも行った上で、対戦相手のターンを1ターン最後まで行います。
そのターンに効果で追加のターンが発生した場合はそれも行います。これらのターンに制限時間はありません。
※エクストラターンで決着がつかなかった対戦は、ジャッジによる勝敗判定を行います。
判定はジャッジが行ないますので、判定が終わるまで勝手にデッキやコアを片づけたりしないようにしてください。
(1) 残りライフの数が多いほうが勝ち(同数か、お互い5以上の場合は次へ)
(2) 残りデッキ枚数が多いほうが勝ち(同数の場合は次へ)
(3) トータルデッキ枚数(除外されたカードも含む)が多いほうが勝ち(同数の場合は次へ)
(4) ライフと創界神ネクサス以外のフィールド/リザーブ/トラッシュのコアの合計数が少ないほうが勝ち(同数の場合は次へ)
(5) ジャンケン1回勝負で勝ったほうが勝ち

●デッキのレギュレーション

※デッキは40枚以上、同じ名前のカードは3枚まで使用可能です(一部カードを除く)。
※大会当日までに販売、配布しているカードから使用可能なカードでデッキを作成してください。
※禁止カード、制限カードは、バトスピオフィシャルホームページにて指定されているものと同一です。
※GXナンバーのプロモーションカード、日本語以外のカードは使用できません。
※コピーしたカードなど正規のバトルスピリッツのカードでないものは使用できません。
※サインや名前など何かを書き足したり、カード判別のできない程の傷がついたカードは使用できません。
※大会中、デッキの調整や変更はできません。

●大会レギュレーション

本大会は最新バージョンのオフィシャルルールで行われます。
必ずご確認をお願いします。(詳しくは「バトスピオフィシャルホームページ」をご覧ください)
※疑問が発生した場合、ただちにプレイを中断し、ジャッジを呼びその判定に従ってください。バトル進行後では正しい裁定ができませんのでご注意 ください。またジャッジの裁定は大会当日において有効ですが、その後オフィシャルルール等で裁定の変更がある場合がありますのでご注意ください。
※大会中はジャッジの判断がすべてにおいて優先されます。
※不正が発覚した場合、ただちにゲームに敗北します。
※ゲーム後に、不正行為を除くルールの誤用が発覚しても結果はくつがえりません。
※ソウルコアとコアは運営が用意します。個人が所有しているものは使用できません。
※スリーブやプレイマット、ライフカウンターは個人が所有しているものを使用してもかまいません。ただし、決勝トーナメントでは、個人所有のプ レイマットやライフカウンターは使用できません。
※カード1枚に対し、スリーブは複数枚、使用してもかまいません。デッキのカードすべてを同一のスリーブに同一の向きで入れてください。
※スリーブ1枚にカードを2枚入れたり、スリーブを一部だけ2枚にするなど、不正及び誤解を招く行為は禁止です。
※劣化や損傷がある、ゲームに必要な情報が視認しづらい、多重すぎてデッキを崩す恐れがある、絵柄がゲームや運営に支障が出るとジャッジが判断 したスリーブやプレイマットなどは、使用を控えていただくか、別のものに替えていただく場合があります。
※デッキは、ジャッジがチェックを行うことがあります。ジャッジやスタッフから要請があった場合、すみやかにデッキを提出してください。
※不正行為、マナー違反など、大会の運営に支障をきたす行為が発覚した場合、ジャッジの判断により失格、あるいは会場から退場をしていただくこ とがあります。
※バトルが終了した後、必ずセットしているバーストをオープンして相手に見せてください。バーストの開示忘れを対戦相手より指摘された場合、 ジャッジが確認の上、警告を与える場合がございます。
※【ソウルドライブ】の効果を使用する際は、ゲームから除外した“ソウルコア”はボイドに置いてください。ただし、コアステップ等で再度“ソウルコ ア”を得る事は出来ません。

TOPへ